dogsing.com

1,000,000 times – my first story текст песни

подождите пожалуйста...

my first story「1,000,000 times ft. ch*lly」の歌詞

遠い空の星平衡したまま
同じ夜を願いながら見上げた
全てを繋ぐ線は
音を立てて崩れて
深く混ざり合う程に
夜明けを望んでいる

道なき道を進んでいた
声なき声を頼りにして
名もなき詩を響かせた
本当の祈りに
「今」手を伸ばしてる

愚かしく麗しい人生が
息苦しくても
壁は高ければ高い程
乗り越える意味があるから
100万年の1でも
夢が叶うなら
僕は何度でも何度でも
闘い続けて行くから
あなたがいなきゃ始まらないよ
勝負をつけなきゃ終われないよ
「僕」と「君」の物語には
「誰」も「何」も言えやしないよ
ありきたりな世界を
型破りな世界へと
変えれる一人じゃないから
真っ直ぐな道を進むときさえ
不安だけは消えずに付き纏ってた
いつの間にか外から
心を固く閉ざし
自分さえも忘れて
誓いを破っていた

乾いた笑いを浮かべて
死んだ涙を飲み干した
歪んだ思いを伝えて
このまま失いそうだから

狂わしく美しい絶望に
包み込まれても
先が黒ければ黒いほど
辛く迷う日もあるけど
100億年も前から光はあるから
僕は最後まで最後まで
望みを捨てずにいるんだ
真実ま弱く夢くて
偽りは強く蝕むんだ
「君」と「僕」の結末なんて
「白」か「黒」じゃ決めらんないよ
ありふれてる苛跡を
待ち受けてる運命でも
変わらないーつじゃないから
一人で
交して
二人で
合わせた
あの日の約東を果たして

愚かしく麗しい人生が
息苦しくても
壁は高ければ高い程
乗り越える意味があるから
100万年の1でも夢が叶うなら
僕は何度でも何度でも
闘い続けて行くから
あなたがいなきゃ始まらないよ
勝負をつけなきゃ終われないよ
「僕」と「君」の物語には
「誰」も「何」も言えやしないよ
ありきたりな世界を
型破りな世界へと
変えれる一人じゃないから

- my first story текст песни

случайный